個人代行輸入でレビトラを購入し持続力アップ

レビトラはバイアグラに次ぐED治療薬として1998年にドイツで発売され、翌年には日本でも販売されるようになりました。バイアグラとの比較として食事の影響を受けにくいことや、服用後の効果の持続力の時間が挙げられます。バイアグラの効果の時間として5時間前後に対しレビトラは5~10時間と大幅に持続力の時間が上りました。しかしその時間内ずっと勃起しているわけではなく、性的興奮を受けることで勃起することには変わりがありません。ED治療薬は勃起するのを阻害する酵素の働きを邪魔することで効果を発揮します。レビトラも例外ではありません。しかし効果は一緒なのにその持続力が増え、更には食事の影響も受けにくいということは性交渉の直前に服用する必要が無く、普段通りの生活を送ることが出来るという、メリットがあります。
レビトラは医療機関でも処方してもらうことが出来ますが、個人代行輸入でも購入することが出来ます。個人代行輸入のメリットとして価格が安くなり、処方箋なしでも購入することが出来ることです。レビトラを医療機関で購入しようとすると1錠あたり1,500~2,000円程度かかります。これを個人代行輸入で購入しようとすると1,000~1,500円程度です。あまり変わらない様に思えると思いますが、医療機関で処方してもらうと診察代や検査代などがプラスされるので、トータルで考えると安くなることが分かります。しかし薬なので副作用が怖いと考えたり、他に病気や服用中の薬がある場合は、医師に相談し服用できるかどうかを相談する必要があります。何かしら心配があるなら、医療機関で処方してもらい安心して服用する環境が整ってから個人代行輸入を利用しても良いかもしれません。

ページの先頭へ戻る