勃起不全の治療薬レビトラとツボについて

勃起不全で悩む患者は、日本全国に1000万人以上いると言われています。
50代の男性の4割、60代になると6割の男性が勃起不全だと考えられています。
勃起不全の原因は、加齢もありますが、高血圧や糖尿病といった生活習慣病も影響しているケースが多いです。
勃起というのは、陰茎海綿体に血液が流れ、うっ血することで起こります。
ですから、生活習慣病で動脈硬化などの血管障害が起こると、勃起が難しくなることがあるのです。
中高年の人の中には、勃起不全になっても諦めてしまう人が少なくありません。
しかし、勃起不全は、医師の指導に従って治療薬を服用することで、改善が期待できるのです。
勃起不全の治療薬では、レビトラが非常に有名です。
レビトラは、陰茎の海綿体の緊張を緩和し、血液の流れをスムーズにすることで勃起させます。
国内外で、レビトラについての多くの臨床試験が行われていますが、7割以上の割合で有効となっています。
レビトラは、服用してから効果が現れるまで、あまり時間がかかりません。
また、長期間の服用であっても、効果が安定して持続するのが特徴となっています。
勃起不全には、ツボ押しも良いと言われています。
人間の体には、300以上のツボが存在しており、その中には精力の増進につながるツボもあるのです。
横骨というツボを押すと、男性ホルモンの分泌が活発になり、勃起不全の改善が期待できます。
また、手のひらにある労宮というツボは、昔から不老不死のツボと呼ばれて重要視されていたツボです。
心臓の動きを活発にして血液のめぐりを良くし、勃起をサポートします。
ツボを押すことで、ストレスを緩和できるケースも多いです。
ストレス社会に生きる日本人の中には、ストレスから勃起できなくなった男性も少なくないので、ストレスをなくすことは正常な勃起にとっても大切なことなのです。

ページの先頭へ戻る