象牙の「鑑定」と「査定」の違いをまとめてご紹介 | 象牙買取ナビ
象牙の「鑑定」と「査定」の違いをまとめてご紹介 | 象牙買取ナビ

象牙の査定と鑑定はどう違うのか

象牙の査定と鑑定はどう違うのか

ブランド物や骨董品などを買取してもらう際に「鑑定」や「査定」をしてもらうという言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

この鑑定や査定という言葉は、象牙の世界でももちろん使用されている単語です。

しかし、この「鑑定」や「査定」の言葉の意味をよくわかっていないという人も多く、この2つの単語を同じような意味で理解しているという人も少なくありません。

実はこの2つの単語は全く意味が違うものなのです。では、「鑑定」と「査定」はどう違うのか、カンタンに確認しておきましょう。

鑑定という意味ですが、象牙においてはその象牙が本物かどうかを判定することが1つです。また、本物であっても混ぜものが含まれているものも多いので、そういった象牙ではないものを取り除いた重量なども調べていき、その象牙がいくら位で販売できるのか市場価値を調べることまでが鑑定になります。査定は買取業者が買取をする価格のことを指しています。

象牙の「査定」と「鑑定」について更に詳しく説明

######

象牙の「査定」と「鑑定」について、それぞれでもっと詳しく説明していきます。

「象牙の査定について」

象牙の査定とは、象牙の買取業者が象牙の買取依頼をしてきたお客さんに対し「この金額で買取しますよ」という提示のことです。

象牙の買取業者はこの査定をどのようにして算出しているのかですが、市場価格からの逆算によって算出しています。象牙の買取業者は買取をした象牙の製品を販売するわけですが、買取した価格と販売価格の差に人件費などを加えたものが利益になります。

したがって、販売経路を多数持っている業者の方が査定額も高くなる傾向にあるということが言えるでしょう。

象牙の査定に関しては、重量をベースにすることが多いです。重量をベースにするからこそ象牙に鉛や硬質ゴム等の詰め物がされている場合はその分を除いた価格で査定を行います。

しかし、象牙製品の価値というのは単純に象牙の重量だけで判断することが難しいこともあります。というのも、象牙製品の多くが彫刻や細工を施してあります。

そのような彫刻や細工をしている象牙製品は、素材としての象牙だけではなく芸術作品としての価値も加わってくるのです。

この点からも販路が多いと有利になるということに繋がっていくでしょう。また、象牙自体も象の種類は何なのかや、象牙の部位も査定に関わってきますし、象牙の硬度も査定に影響があります。

象牙の価値は需要と供給のバランスによって決まります。需要と供給のバランスは市場価値で判断することになりますが、象牙は基本的にインフレ傾向にあるものです。

それは、1999年や2009年など一部例外はありますが、ワシントン条約によって輸入が禁止されているため流通する象牙の数が限られているからです。ワシントン条約締結から現在までで象牙の価値は約40倍ほどになっており、当然査定額も比例する形で高くなっています。

象牙の鑑定について

象牙の鑑定とは、その象牙が本物かどうかの真贋鑑定がメインです。象牙というのは非常に偽物が多いく、その理由としては象牙の贋作は作るのが非常にカンタンで複製もすぐに出来るため世の中には贋作が溢れています。

偽物の象牙を本物の象牙として買取をするわけにはいきませんので、この鑑定という作業は非常に重要です。象牙の買取業者の中には、象牙を専門的に鑑定する鑑定士が在籍していることがほとんどです。

本物の象牙だったとしても、鉛や硬質ゴム等の混ぜものが多く含まれている象牙製品も少なくありません。そういった詰め物が使用されている場合、価値があるのは象牙の部分だけですので象牙の重量がどれくらいあるのかを鑑定するのも鑑定士の大きな仕事の1つです。

また、一口に象牙と言っても、様々な種類があり象牙の種類によってその価値も大きく異るのです。

鑑定ではその象牙について徹底的に調べて、どの象牙製品にどれくらいの価値があるのかを調べていきます。査定と鑑定は別の行為ではありますが、査定を行うためにはこの鑑定という作業がしっかりと出来ていないといけないということです。

象牙の査定を依頼するということは、イコール鑑定をするということでもあります。本当に象牙かどうかわからないという時はとりあえず査定に出すという人も少なくありません。

まとめ

まとめ情報

象牙製品の査定と鑑定の違いについて細かく紹介してきました。象牙というのは今の日本にとっては数が限られており、非常に価値の高い骨董品です。

価値が高く多くの人が求めているからこそ、象牙に模した贋作なども数多くあるのです。象牙の買取をしてほしいけど自分の持っている象牙製品が本物の象牙なのかどうか心配だという人も多いでしょう。

素人にはなかなか贋作であることを見抜けないものも少なくありません。象牙を買取して貰う場合には、いずれにしても鑑定という作業を通らなければいけないわけです。

自分の持っている象牙が本物かどうかわからないからと躊躇するのではなく、わからないからこそ査定に出して真贋鑑定してもらうという使い方も良いのではないでしょうか。

コメントイメージ

象牙の査定と鑑定は全く異なる行為ですが、査定をする為には鑑定も必要なため密接な関係にあります。その為、もし象牙の鑑定が必要であれば買取業者に査定を依頼するというのも無料で買取相場まで教えてもらえるのでお勧めですよ!

優れたおすすめの象牙買取業者!

  • 日晃堂

    骨董品・古美術専門買取業者で、顧客からも業界の中でも屈指の買取価格と対応の非常におすすめできる骨董品買取業者です。

  • 福ちゃん

    タレントの中尾彬さんと池波志乃さんが印象深い総合買取業者で、骨董品買取専門業者にも勝る象牙の買取価格と対応が期待できます。

象牙製品別での買取情報

象牙として買取してもらえる種類の一覧

当サイトでは象牙のおすすめ買取業者に加えて、象牙の種類別に買取相場情報を紹介していますので参考にしてください。

象牙の種類一覧

ページのトップへ