【象牙を査定】象牙の査定価格が決まるポイント | 象牙買取ナビ
【象牙を査定】象牙の査定価格が決まるポイント | 象牙買取ナビ

まずは「査定」について紹介

まずは「査定」について紹介

買取業者が行っている査定は、その品物が現実にいくらで売れるかをお店の担当者が客観的に判断する作業です。

査定を受けた買取業者で売るときは、一般的に提示された金額で引き取ってもらえます。画像などで行われる査定の場合は、実際の買取価格が査定価格と多少変わることもあります。

ただ、このようなケースでも、査定価格と買取価格に大きな差が生じることは少ないです。

査定と混同されやすいのが鑑定です。鑑定は、品物が本物かどうかや、どのくらいの市場価値があるかを確認する作業であり、査定のように具体的な金額が提示されない場合が多いです。

ちなみに、買取業者が査定をするときには、品物の鑑定も同時に行っています。実際、品物の市場価値をチェックする鑑定の作業をしないと、査定価格を出すことは現実的に困難です。

万が一、偽物や市場価値が低い品に高い金額をつけてしまうと、業者側が大きなリスクを背負うことになりかねません。このような状況を避けるために、買取業者では詳細な鑑定を行ったうえで査定の価格を提示しています。

象牙の査定価格が決まるポイント

象牙の査定価格が決まるポイント

象牙の査定では、さまざまな観点から品物を見極める作業が行われます。

象牙の査定価格を買取業者が決める場合、複数の基準をもとに金額を出していることが多いです。

査定の基準1「象牙の相場」

買取業者が必ずと言ってよいほど査定の基準にしているのが象牙の相場です。

象牙は、金やプラチナなどの貴金属と同様に相場があります。象牙の相場は、素材の重量が増えるほど1キログラム当たりの単価が上がる仕組みになっています。

重量が多い一本物の象牙などは、取引相場も上がるのが一般的です。

このような事情を承知している買取業者では、査定のときに象牙の重さをチェックする作業を行っています。一見すると一本物に見える象牙にも、内側が空洞になっている品があります。

空洞の部分に詰め物などがある品については、外側の象牙の重量をチェックして査定価格を決めている業者が多いです。

日本に輸入されている象牙は、産地や使われている部分などでも相場が変わってきます。

象牙には素材が硬いハードとやや柔らかいソフトの2つのタイプがあり、それぞれ相場が異なります。相場が高いのは、中央アフリカの象から取れるハードタイプの象牙です。

ハードタイプの象牙は透明感やツヤがあるのが特徴で、カラーはやや赤みをおびたクリーム色です。加工品などは、象牙の芯の部分に近い素材ほど相場が上がる傾向があります。

芯に近い部分は材質が硬く、きめ細かいのが特徴です。象牙の場合は、一般的に素材が硬いものほど評価が高くなるようです。

査定の基準2「希少価値」

査定では、品物の希少価値も価格を決めるときの基準になっています。

買取市場では、希少価値があるものほど査定価格が上がる傾向がありますが、象牙も例外ではありません。1989年に輸入が禁止されてからは、象牙そのものの希少価値が高くなっている状況です。

査定価格を決めるときにも、このような事情は考慮されます。希少価値が高い品は、オークションなどでも高く売れる可能性があるため、査定価格を上げている業者も多く見られます。

査定の基準3「デザインやトレンド」

品物のデザインも、査定価格を決める基準の1つです。

象牙製品には、表面に彫刻が施されていたり、アクセサリーや仏像などに加工されたりしている品も少なくありません。このような品は、デザインの良し悪しも査定価格に影響します。

装飾が美しく美術品としての価値がある品などは、査定価格も上がるケースがあります。また、業者の査定ではトレンドも1つの基準です。同業者のオークションで高値で取引されている品は、概してニーズが高く、すぐに買い手がつく可能性が高いです。

こういった品については、業者でも高い金額をつけます。象牙の取引市場に精通している業者は、一般的にトレンドにも敏感です。

この手の買取業者はオークションの取引価格などをコンスタントにチェックしていることが多いため、査定でも時価をもとに算出した価格を提示します。

査定の基準4「品物の状態」

品物の状態も、象牙の査定価格を決めるときの基準です。

目立つ傷やひび割れ、変色などが見られると、相場が高い品でも査定価格が下がるケースは珍しくありません。査定を行う担当者は、このような問題点がないかどうかを詳しく鑑定したうえで、具体的な価格を算出しています。

まとめ

まとめ情報

象牙の査定を受けるときには、しかるべきルールにのっとって営業をしている業者を選ぶことが大切です。

象牙の取引をするには、古物商許可を得るだけでなく特定国際種事業者の認定を受ける必要があります。

象牙の査定価格は業者によって違うことがありますが、こういった事情には担当者のスキルも少なからず関係しています。公式サイトで紹介されている買取実績などをチェックしておくと、象牙の取り扱いに慣れている業者かどうかがわかるかもしれません。

象牙の査定では、担当者がいろいろなポイントをチェックしています。

象牙について詳しい業者ほど、念入りに鑑定を行うのが一般的です。本来の価値に近い金額で買い取りしてもらうためにも、業者の選び方には気を配りたいところです。

コメントイメージ

象牙を買取してもらうにしても査定してもらうにしても買取業者の選択がとても大切です。当サイトでも無料で査定のみから受け付けているおすすめ買取業者を紹介していますので参考にしてください。

優れたおすすめの象牙買取業者!

  • 日晃堂

    骨董品・古美術専門買取業者で、顧客からも業界の中でも屈指の買取価格と対応の非常におすすめできる骨董品買取業者です。

  • 福ちゃん

    タレントの中尾彬さんと池波志乃さんが印象深い総合買取業者で、骨董品買取専門業者にも勝る象牙の買取価格と対応が期待できます。

象牙製品別での買取情報

象牙として買取してもらえる種類の一覧

当サイトでは象牙のおすすめ買取業者に加えて、象牙の種類別に買取相場情報を紹介していますので参考にしてください。

象牙の種類一覧

ページのトップへ