【象牙の相場】象牙の相場はどうなっている?調べられるの? | 象牙買取ナビ
【象牙の相場】象牙の相場はどうなっている?調べられるの? | 象牙買取ナビ

象牙の相場はネットで調べられる?

象牙の相場はネットで調べられる?

象牙はアクセサリーや彫刻に用いる高級素材として扱われていますが、現在は新規の採取が禁じられているので、入手するには過去に採取された物を購入することになります。

年月が経過するほどに数が少なくなり、それに伴って相場も上昇するのが普通ですが、嗜好品である象牙は景気の変動で売買相場が大きく変わる点を注意しなければいけません。

宝石や金などの相場はネットで調べるのが容易ですが、これは世界規模で広く流通している他、現在も採取が行われているのが大きな理由です。

象牙は高級な嗜好品ですが愛用しているのは日本をはじめとするアジアの一部の国がほとんどであり、世界的に普及しているわけではありません。そのため、相場の情報が限定的なものになり、ネットで調べるのが困難になっています。

象牙の相場という言葉で検索するなど簡単な方法では求める情報を得ることができません。

市場が限られているうえに新たに採取されることが無い象牙の情報は専門業者が占有する傾向があるためです。

象牙の相場を調べる方法について

象牙の相場を調べる方法について

では、象牙の調べ方についてご紹介します。

全形を保持した象牙(細工・彫刻なし)の相場

象牙の相場に関する情報をどうしても知りたい場合、象牙の輸入販売を行う貿易会社や輸入会社について調べる方法があります。

会社の売り上げや純利益などの情報を比較して、そこから象牙の相場を算出するのが部外者にできる調査方法です。

象牙の売買を行う会社によって取引金額が異なるので、より正しい情報を知るには多くの情報を比較する必要があります。

非常に手間がかかる行為である他、素人が入手できる情報には限りがあるので必ずしも正確な結果になるわけではありません。

しかし、宝石や金のように情報がオープンになっていないので、象牙取引に関与していない第三者が相場を知るにはこの方法以外に無いのが実状なのです。

象牙取引の多くは全形を保持している、加工前の象牙で行われています。

そのため、取引情報から得られる相場の数値は未加工の象牙が対象になっていると言えるのです。

その他の象牙の相場

象牙取引は大別すると全形を保持している未加工の象牙取引と、アクセサリーや彫刻などに加工された嗜好品としての象牙取引があります。

この内、加工済みの象牙取引については象牙そのものの価値よりも美術品としての市場価値が加わった数値になっている点を注意しなければいけません。

全形を保持している未加工の象牙は宝石に例えるとカッティングされていない原石と同じです。いくら高級品であったとしてもそのままでは嗜好品としての価値はありません。

市場で高級品として扱うにはそれ相応の加工を施す必要があるのです。象牙を用いた嗜好品が高額なのは素材である象牙が貴重品であることに加え、加工に関する手間賃が加算されているのが理由です。象牙は固いうえに脆く、品質もムラがあります。

そのうえ数も少ないことから加工済みの象牙製品は高額化するのです。

加工済みの象牙製品として日本で最も普及しているのは印鑑です。

公的な書類の作成など印鑑は様々な場で使われる実用品ですが、その一方で素材にこだわることで高級感を持たせる嗜好品としての側面もあります。象牙で作った印鑑は実用品でありながら社会的なステータスを示す嗜好品でもあります。

印鑑は基本的にオーダーメイドであり、第三者が所持していた中古品を使い回すことはありません。印鑑ならではの特性も高級感を生む理由のひとつです。

加工が難しい象牙を使って名前を彫る印鑑は本人だけが使える実用的な趣味のアイテムなのです。象牙の印鑑は他の嗜好品のように中古品として流通する物ではないので、加工された象牙製品の相場を客観的に判断するのに最適です。

印鑑以外の加工品はアクセサリーや彫刻などが知られていますが、これらの製品は嗜好品としての性質が強いうえに作者の社会的な知名度が価値を大きく左右する特徴があります。

そのため、素材である象牙の相場を調べるには決して最善ではありません。特にアクセサリーは象牙以外に様々な素材と組み合わせて作られている物が多く、中には象牙がわずかしか使われていない物も存在します。

そのため、象牙の相場を調べるなら象牙だけを使った物で、作者も社会的にはほぼ無名であることが重要な条件になります。

まとめ

まとめ情報

象牙は貴重品なので相場を含む情報はほとんど公開されません。

象牙売買を行う専門の会社の間だけで情報がやり取りされるのが普通なので、無関係の第三者が手軽に相場を調べるのはほぼ不可能といえます。

象牙取引を行う会社に関する情報を集めて分析したり、加工済みの象牙製品の市場価値から推測したりするなど、象牙の相場を知る方法は限定されます。

また、そのような方法で得た情報もあくまで推測でしかなく、実際の相場と同一であるとは限りません。特に加工済みの象牙製品から推測する方法は作者の知名度や付属している他の素材の価値に影響されます。

象牙の相場を正確に知るには自身が象牙取引に関与する立場になるのが最も確実な方法ですが、貿易に関する仕事に就くのは非常に困難なので現実的な方法とは言えないのです。

優れたおすすめの象牙買取業者!

  • 日晃堂

    骨董品・古美術専門買取業者で、顧客からも業界の中でも屈指の買取価格と対応の非常におすすめできる骨董品買取業者です。

  • 福ちゃん

    タレントの中尾彬さんと池波志乃さんが印象深い総合買取業者で、骨董品買取専門業者にも勝る象牙の買取価格と対応が期待できます。

象牙製品別での買取情報

象牙として買取してもらえる種類の一覧

当サイトでは象牙のおすすめ買取業者に加えて、象牙の種類別に買取相場情報を紹介していますので参考にしてください。

象牙の種類一覧

ページのトップへ